引き出物BOOK

引き出物や香典返し、喜ばれる品、迷惑になってしまう品
  • icon-date2014年5月8日

いつ贈るのか

ディナーセット

まずは、これらのお返しはいつ贈るのか、というのを知っておきましょう。

結婚式の引き出物は、もちろんその当日にゲストにお渡しします。
それはいいとして、問題は予算と準備期間です。
予算は、これはご夫婦で話し合って、あるいは周りにも相談して決めていただくのが一番ですが、相場はだいたい3,000~5,000円でしょう。そこに引き菓子の1,000~1,500円を上乗せする、という感じになります。
準備期間としては、できれば六ヶ月は取りたいところです。十分に検討して、それから事前に予約する必要があるからです。
六ヶ月前は早過ぎるとしても、早め早めの準備を心がけるのがいいでしょう。直前になって焦って選んだ品には、気持ちがこもりません。

香典返しは、四十九日の法要が終わってから贈るようにします。これは、四十九日の法要を以て、故人の魂があの世へ旅立つからです。
それ以前に贈ると、礼を失するというよりは常識のない人ということになってしまいますので、気をつけましょう。
予算については、いただいた香典の半額程度の品を用意するようにします。香典には、葬儀の費用などでいろいろ大変なご遺族を助けるという意味もありますので、香典と同等やそれ以上の品を贈るとむしろ失礼に当たります。